治療方法 | 不妊になった原因を特定してその人に合った治療をしていく

不妊になった原因を特定してその人に合った治療をしていく

治療方法

婦人科では女性特有の問題を改善できる他にも、不妊症患者のための不妊治療を行うことができます。
プロの専門医が在籍しているので、不妊の検査をすることで原因を突き止めてその人に合った不妊治療を始められます。
代表的な治療法としてはタイミング療法がありますが、この方法では排卵日を特定してそれに合わせて妊活を行なっていきます。
排卵日の来る時期は人によって違うため、毎日基礎体温を測ることによってある程度の時期を特定することができます。
婦人科では基礎体温を測って判断するだけではなく、卵胞の大きさや血中値などを詳しく検査することで確実に排卵する日を調べられます。
何らかの原因で排卵を促すことができない人は、排卵誘発剤などを服用することで排卵しやすい身体にすることができます。
不妊治療の中でもタイミング療法は一番自然にできる妊娠の方法です。
不妊治療では最初に行われる方法ですが、これで妊娠できない人は次の段階の治療へ移ります。

タイミング療法の次は人工授精で子宮に直接精液を入れていきます。
排卵日に性行為を行って妊娠しない人は、この方法をすることによりタイミング法よりも妊娠できる可能性が上がります。
それでも妊娠できないときは体外受精や顕微授精などの方法を用いて妊娠を促していきます。
原因に合わせてこれらの治療を行っていきますが、段階ごとに治療を重ねることで身体へ負担をかけてしまいます。
不妊の原因を特定しないといつまで経っても妊娠できないので、確実に妊娠したい人は原因を突き止めて治療をしていかなければなりません。