適齢期の確認 | 不妊になった原因を特定してその人に合った治療をしていく

不妊になった原因を特定してその人に合った治療をしていく

適齢期の確認

女性は何歳になっても妊娠できるというわけではありません。
年齢を重ねることホルモンバランスの状態も悪くなり妊娠しにくくなります。
人によっても妊娠できなくなる年齢は違いますが、閉経から10年前になると妊娠に必要な卵が作られなくなるので妊娠できなくなるのです。
高齢出産は若い頃に比べて妊娠しづらいですが、婦人科で積極的に不妊治療を行うことで妊娠をすることができる人もいます。
20代は自然妊娠に至りやすいですが、高齢になると不妊治療をしないと妊娠をすることが難しいです。
不妊治療では治療をする前に検査をしていくので、そこで不妊の原因を知ることができます。
高齢者の場合は身体の機能が低下していることが原因で不妊になることが多いです。
原因が高齢化ならタイミング法や人工授精などの他にも、体質改善をするために葉酸やマカなどのサプリメントを摂取すると良いです。
葉酸やマカなどは妊活に良いとされていますが、妊娠中でも赤ちゃんの神経や血管などの生成に役立ちます。

妊娠適齢期が過ぎたらもう妊娠できませんが、高齢でも妊娠適齢期が訪れていなければ原因を特定して不妊治療をすることで妊娠の確率を少しでも上げることができます。
もしかしたら妊娠できたという方でも、婦人科への受診が遅ければ妊娠できなくなる可能性があります。
早く赤ちゃんが欲しい人ははじめから婦人科へ訪れて、妊娠しやすい身体づくりをすることで高齢でも出産の可能性を伸ばすことができます。
現在不妊症は10人に1人とされており、多くの夫婦が妊娠できない悩みを抱えています。
妊娠できない身体を放置していると不妊治療で時間がかかってしまうので、検査で原因を特定して早期治療を行うことが大切です。