タイミングの問題 | 不妊になった原因を特定してその人に合った治療をしていく

不妊になった原因を特定してその人に合った治療をしていく

タイミングの問題

女性の基礎体温は日によって異なっており、毎日測ることによって低温期や高温期、排卵日などを特定することができます。
男性に比べて女性の身体はデリケートなので、少しのストレスや疲れだけでも体温が少し変化してしまいます。
身体のリズムは人によって違うため普段から基礎体温を計っていれば自分の身体のリズムを知ることができます。
基礎体温は自分の身体の状態を知るだけではなく、効率的に妊活を進めるために大切なことです。
一ヶ月のうちにくる排卵日は最も妊娠しやすい時期だとされているので、その時期を狙って異性と性行為をすることで妊娠の確率を高めることができます。
排卵日は卵子を放出しているので、それが精子と結びつくことによって妊娠に至ることができるのです。
しかし、身体のどこかに異常があれば排卵日に合わせて妊活をしたとしても妊娠をすることが難しいものです。
不妊の原因を特定して体質改善をすることで、もう一度排卵日に合わせて妊活を行えば妊娠のできる可能性があります。

不妊の原因は男女ともにありますが、体質の問題の他にも卵巣や精子の状態などの機能が正常でないことから起こることもあります。
不妊の原因を特定できたらその人に合わせた治療が行えますが、中には不妊が原因不明という人もいるので、まず一度婦人科で検査をしてもらうことが必要です。
不妊治療は基本的にタイミング療法を行っていきますが、この方法で妊娠できる夫婦も多いです。
タイミングの問題から妊娠できない人は、日頃から基礎体温を測ることで妊娠の可能性が高い時期を特定して妊活を行なうことが出来ます。