不妊になった原因を特定してその人に合った治療をしていく

女性の身体

女性の身体と男性の身体では筋肉や脂肪などのつくりが異なっています。
身体つきだけではなく女性特有や男性特有の病気があり、中には恥ずかしくその症状を誰かに相談できないこともあります。
女性特有の問題では月経不順や過剰なおりもの分泌、子宮や不妊の悩みなどを抱えている人がいます。
これらの症状は不規則な生活を送っていることから起こることもありますが、人によっては重大な病気になっている可能性があります。
日本全国には多くの婦人科があり、様々な女性特有の悩みを治療していくことができます。
まずは問診をして専門医とカウンセリングを行い、原因を特定するために詳しい検査を行ないます。
男性医師の診察に抵抗がある方は、事前に伝えておくことで女性医師に変更してくれることもあるので安心できます。
女性の身体はとてもデリケートなため、少しの体調不良でも身体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。
月経不順やおりものの増加、不妊などは日々のストレスが影響して起こることも考えられます。

身体に異常がない場合は日常生活の過ごし方やストレスが影響している可能性が高いので、そのときは自分でできることから生活を改善していく必要があります。
その人の症状に応じて専門医から治療薬を処方してもらえます。
また今後の生活についてのアドバイスをもらうことができるので、そのアドバイスを参考にして生活をしていくことで少しずつ体質改善を図ることが可能です。

診察を受ける

不妊の原因は人によって異なっているため、婦人科などの専門機関へ受診して検査をしてもらう必要があります。治療を始める前にまずは問診票を記入していくことで、専門医がその情報を参考にしながら治療の提案をしてくれます。

» もっと読む

治療方法

不妊の原因を特定できたら不妊治療を始めていきますが、代表的なものでタイミング法や人工授精、体外受精などがあります。一つ一つの治療を受けることで妊娠できる確率を上げることができます。

» もっと読む

適齢期の確認

女性は閉経になる10年前から妊娠できなくなります。若いうちは妊娠しやすい傾向にありますが、高齢化になるとホルモン分泌も低下して自然妊娠になりにくいです。不妊の原因を特定してそれに合わせて妊活をする必要があります。

» もっと読む

最新の記事

タイミングの問題

不妊の原因の一つとして妊娠しやすい排卵日に性行為をしていないということが挙げられます。避妊をせずに性行為をしたとしても妊娠できる確率は少ないので、事前に排卵日を確認しておくことで妊娠しやすくなります。

隠された病気

2年以上の歳月が経っても妊娠できない人は不妊症の可能性があります。原因は男女ともに考えられており、性交障害や精管通過障害、排卵障害や卵管障害などのせいで妊娠できなくなっていることがあります。

↑ PAGE TOP